着付け承ります
苦しくなく、美しく、お着付けさせていただきます
着付けの種類
男性の礼装から七五三、訪問着や浴衣まで、幅広くお着付けを承っております。 この着物にはどの帯が・・・などの相談をされるお客様もたくさんいらっしゃいます。帯の結び(創作も可能です)から小物まで、何でもご相談させて頂きます。
着物の基本は、「染め」と「織り」の二つです。この二つによって着ていく場所や用途が異なります。お客様がお出かけになるシーンに合わせて、アドバイスと、また着物を着て出かけたいと思うような、素敵なお着付けをさせて頂きます。
お着付けについて何でもお気軽にご相談下さい。皆様のお問い合わせ、お待ちいたしております。
>>むかでやへのお問い合わせはこちら
御振袖 おふりそで 御振袖は、成人式で着られるのが一番メジャーですよね。その他結婚式やパティーなど、活躍の場がたくさんあります。基本、未婚の女性が着用するとされていますが、細かいルールにとらわれることなく幾つになっても着ることができます。 御振袖の着付け料金
黒・色留袖 くろ・いろとめそで 留袖は、既婚の女性が着られる格の高い第一礼装になります。黒留袖は、黒地に背中、袖、胸元に合わせて5つの家紋が入り、裾だけに模様が入ったもの。色留袖は、黒以外の色で染めてあり、黒留袖同様、裾模様に5つ紋がはいります。 黒・色留袖の着付け料金
訪問着・付け下げ ほうもんぎ・つけさげ 訪問着は主に、礼装用(結婚式や式典)に着用されます。左の上前の襟・胸・袖にかけて、柄がつながっていて、更に右背中から右外袖にかけて柄がつながっており、裾の模様も柄がある着物。
付け下げは、左胸と左内袖に柄があり、訪問着よりも略した柄付けとなっています。
訪問着・付け下げの着付け料金
小紋・紬 こもん・つむぎ 小紋は、付け下げより気楽に着られるお洒落着です。お茶会やお食事会、お稽古気やお出かけ着として楽しめます。型紙を作り染めた、全体に柄のある染め方の着物です。
紬は先染めと言い、糸から染めて織り上げます。普段着やお洒落着として、カジュアルに着られる着物です。現在では紬の訪問着もあり、社交着として幅広く着られます。
小紋・紬の着付け料金
女袴 おんなばかま 明治時代、女学生や女教師の制服として袴が決められてから、そのスタイルが一般的となりました。現代では、主に大学や短大生の生徒および先生の、卒業式の行事に着られる様になりました。 女袴の着付け料金
七五三祝い着 しちごさんいわいぎ 女の子は三歳と七歳。男の子は五歳の成長のお祝いの行事に用いられる着物です。七歳のお祝い着は、仕立てる時に一反物(いったんもの:13mの大人用反物)で作るため、成人になってからでも着ることができます。(仕立て直す場合もあります) 七五三祝い着の着付け料金
浴衣 ゆかた 浴衣は江戸時代の中頃まで、夏の湯上がりに着るものでした。(外国で言うガウンに用途が似ています。)従って元は外出用ではなかった浴衣ですが、現在では夏祭りや花火大会、納涼などのイベントに着られるのが一般的となりました。 浴衣の着付け料金
着付けの料金
着付けの料金
浴衣から男性礼装、御振袖まで幅広くお着付け致します。創作の帯結びもご相談ください。可能な限り、対応させていただきます。簡単、楽に、苦しくなく。長時間でも着崩れないお着付けをモットーとしております。是非一度、ご利用ください。
種類 価格
振袖変り結び 8,000円
黒留袖、色留袖 7,000円
男性礼装、紋付・羽織・袴 7,000円
訪問着、付下、小紋紬 6,000円
七五三、祝着 7,000円
浴衣 3,000円
出張費 1,000円~2,000円
Copyright (C) 2012 mukade-ya.co.jp